クロゼットの服を整理


数か月間行方不明の服はざらで、丸一年間一度も着ない服も合った。ある日、私は山ほどある服の中から着るものを選ぶのにうんざりし、本当は好きでないアイテムをいつまでも保管しておくのが嫌になった。そこで、手持ちの服を徹底的に整理することに決めた。クローゼットと箪笥の中を空っぽにし、本当に好きな服だけを残すというルールを作って、それ以外の服はすべて処分した。

やがって、ショッピングに行くときもこのルールに従うようになった。現在は、試着室の鏡で自分の姿をチェックしたり、アクセサリーコーナーをぶらついたりするときには必ず本当にこれがとても気に入ったの?って自分に聞いてる。確認した後買う。だから最近買ったものは失敗してない。